オリゴ糖

動物性と植物性の乳酸菌の違い

乳製品には動物性と植物性という物があり、この違いは味のコクと摂取する脂肪の量になるのですが、目的によってこの動物性と植物性を使い分ける事で、さらに快適に乳酸菌を摂取する事ができるようになるのです。
動物性は牛の乳や羊の乳などの動物から摂れる乳を元に作成してある商品で、植物性は大豆を元に作成してある植物性の商品なのですが、どちらも乳酸菌は摂れるのですが、摂取する脂肪の量やカロリーの量に大きな違いがあるのです。
どちらも乳酸菌が摂れるなら脂肪量やカロリーの量が少ない植物性の方がいいのではと、考える方多くなると思うのですが、動物性には植物性にない独特のコクがあり、美味しく乳酸菌を摂りたいと思っている場合には動物性の方がいいのです。

一番わかりやすい例で言うと生クリームがあり、この植物性と動物性で作った生クリームケーキではあきらかに動物性で作られた方がコクがあり、凄く美味しく食べながら乳酸菌を摂る事ができるようになるのです。
乳酸菌はどちらも含んでいるので、自分の環境に合わせて植物性か動物性を選ぶ事で、楽しみながら体内にいいとされる菌の効果を得る事ができるようになっているのです。
これから乳酸菌を摂る方は植物性と動物性を使い分けて摂取する事をお勧めします。
赤ちゃんと乳酸菌についての記事も興味深いです。