オリゴ糖

米のとぎ汁で乳酸菌を作成する

米を毎日食べている人が多い日本では米のとぎ汁の量がとにかく多いのですが、この米のとぎ汁を何かに利用しようとする人は少なく、捨ててしまう方が多いと思うのですがすごくもったいないです。
米のとぎ汁には乳酸菌が含まれているので、この米のとぎ汁を活用する事で、市販のヨーグルトなどを購入しなくても体にいい乳酸菌を快適に体内に取り入れる事ができるので、そんな魅力的な米のとぎ汁を活用した作成方法を紹介します。

米は無農薬の方が良いので、無農薬で作成してある物から米のとぎ汁をとって、人間の体内に入れても問題ない状況を作っていきましょう。
米のとぎ汁は3合分あれば、十分ですので多くなった場合は調整して対応するようにします。
加えるものとして黒砂糖を60gと天然塩を20gと水2リットルがあり、これを加えた後その容器を人の肌の温度で2~3日発酵したら酸味がある香りと炭酸のような形になります。
これで完成になるのですが、ポイントとしてふたを閉めて密封状態にしているので一日一回は空気を入れて解放する事が重要になります。

そして、米のとぎ汁を使用した乳酸菌の完成になります。
これを毎日摂ると市販のヨーグルトと同じように健康な体を維持するための成分をしっかりと摂る事が出来ます。