オリゴ糖

耐熱温度と乳酸菌

乳酸菌は体内に入ると腸まで行こうと動いていくのですが、その元気よく動けるには適した温度があり、その温度でないと腸に行く前に死んでしまうので、せっかくの魅力的な効果も得る事ができない状態になるのです。
乳酸菌が快適な温度としているのは40℃とされており、この温度であるなら元気よく活動する事ができるようになり、しっかりと腸まで届いてその魅力的な効果を出してくれるのです。
では乳酸菌が活動できない温度なのですが段階があり、60℃になると約30分しか活動できない状態で、100℃になると数秒で死んでしまうので、腸まで行く事は凄く難しくなるのです。

通常乳酸菌を体内にとりいれると人間の平均温度は40℃以上にはならないので、乳酸菌が死んでしまうという状態にはならないのですが、牛乳を温めたりヨーグルトを温めたりすると死んでしまうので、摂取方法については注意が必要なのです。
また、乳酸菌は0度以下で冷凍しても死んでしまう事はないので、長く保存したい場合は冷凍する事で対応する対応する事が出来ます。
これから乳酸菌を摂取しようと考えている方は耐熱温度に注意しながら調理をして、乳酸菌が死んでしまわないように対応していく事をお勧めします。
そうする事で、乳酸菌の魅力的な効果をしっかりと出す事ができるようになります。